スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

プチセレ系競走馬 その2

■ マイリトルオジョー ちゃん

kden089.jpg

牝  青毛  32S生まれ

なんとなくつけた。しいていえば尾崎からきたのか?
字面がいいのでちょっと好きだったお名前。
活躍に期待を込めてはいた。


○ 血統

kden090.jpg

ボールドルーラー系×バックパサー系のニックス+セクレタリアト4×3の奇跡の血量クロス。
プチセレちゃんの現役最後の年にたまたまセリに出てた馬に飛びつきました。
最大の理由は祖父にセクレタリアトを持っていること。
インブリードが敬遠されてるなら、逆にそれで勝負してやろうという野望のみ。
あとはトップ馬主が出走させて1頭ながら繁殖もしているので、持続も問題ないんだろうという判断もありました。


○ 能力


kden_putit.jpg

kden092.jpg

       ↓↓↓

kden091.jpg
kden206.jpg

セクレタリアトの因子であるスピードとパワーの出がすばらしいのが唯一の収穫。
アビで補強されてるとはいえ、やっぱり気性Bも痛い。
なによりも、持続とスタミナが両方Aになっちゃったのがいちばん痛いかなぁ。


○ 成績

kden205.jpg

タイム的にいま一歩あか抜けなかった印象。
でも、あのパラでここまでやってくれれば上出来だと思う。
トパーズS(ハンデ戦)の59kgは絶対おかしいと思う。


○ 引退後

枠が空いていたため、いちおう繁殖入り。
でもさすがにこのパラで、しかもプチセレ系とは当分配合できない系統になるので、枠が無くなり次第処分すると思います。


○ 総評

これも初年度だから残せたような感じ。ギリギリのような気もするけど。
それで6勝はやっぱりおいしいし、もうちょっとプラスアルファがあれば、オープンが見えるタイムも出そうな感じがします。

インブリードも、効果の高い因子を、その産駆の競争能力に影響を大きく与える部分に使えたら、いい結果が出るのではないかという気もします。
ただ、それはあくまで競争能力に限ってのこと。
繁殖に回すと、その欠点が非常に大きくのしかかってくるように思います。
数試してないし、子供も出してないのでなんとも言えませんが。

あとは、やや晩にしてはピークが短かったことも問題点かなぁ。
インブリードの影響なのかもしれないし、その他の影響なのかもしれないし、そのところよくはわからないのですが。

この配合は毎S試していて、いまのところ全部ギリギリ残せてはいるので、それらの結果が出そろったらまた検討してみようかなと思います。

テーマ: 競馬伝説Live - ジャンル:オンラインゲーム

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

| ホーム |

わたくしつだぬま

津田沼ぱる子

Author:津田沼ぱる子


競伝大井鯖の底辺で大活躍中だよ。
かれーとちょこぱふぇが好きだよ。

●津田沼ぱる子厩舎
 Lv.16
 主な勝ち鞍:フリーレース
 プチセレブオジョーを偉大な
 先祖にするためがんばるよ。

●地下組織
 こそこそ生きてるよ。

きじだよ

こめんとだよ

かてごりだよ

つきべつだよ

けんさくだよ

りんくだよ

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。