スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

うぬぬぬぬとりにく。

うさぎは寂しいと死んじゃうんだからってのりピーが言ってたけど、ぱる子は元気です。
こんにちわ。もしくはこんばんわ。さようなら。

今は馬券イベントの真っ最中でありますね!
おらも毎日コツコツ買っております。
が、もうどう考えても100位以内には入れなさそうな気がします。

あとから見てみると、124着とか134着ってのが非常に多いです。
たぶん的中より多いかもしれない。
詰めの甘い、ダメな子です。

賞品のカー伝コイン、とっても欲しいんですけどね。
でもまあ、もらえないとなったらなったで、諦めやすい賞品でもありますね。
あら不思議。

順位は諦めモードなのですが、いちおう最後までコツコツ買おうと思います。
奇跡的に全的中とかすれば、順位圏内はいるかもしれませんしー。
今までの収集系イベントと違った、新しいカタチのイベントですし!


■ぱらぱら!

昔とった画像を眺めていて思ったのですよ。
まあ、昔から不思議には思っていたのですが。

全相馬あててみたところ、こんな感じの馬がいたんですよ。

kden061.jpg

あらまあ、残念な子。ちなみにこれでピークです。
こんな子を育て切る層の薄さが悲しい。

で、いちおう残したものの、まったく期待なんかしていなくて、サブでこそこそ走らせてたのですが・・・
その出走履歴がこちら。

kden062.jpg

あうあう?
着順は相手関係もあるのでいいとして、あんな微妙に残念なパラにしては、そこそこなタイムが出ているんですよね。
しかも突発的に出たタイムでなく、安定して6秒チョイを並べています。

もちろん、上を狙えるタイムではないのですが、パラを考えると激走しちゃってますよね。

そういえばもう1頭。

重賞を制してない下層の民なわたくしですが、その中でもいちばん重賞に近かった子であります。
その子の出走履歴がこちら。

kden063.jpg

特別いい成績でもなく、特別いいタイムを出してるわけではないのですが、なんていうんだろう、こう感覚的にこの子は大物だ!って思った子なのでありまして。
重賞の上位に顔出してるわけだから、まあそこそこ強いと言えるんだろうけど。

この子のパラがこんな感じ。

kden064.jpg

普通にどこにでもいそうなパラですよね。
こんなんで重賞上位に入れるなら、GⅠなんていっぱいとれちゃうよ!とか思っちゃいたいパラですよね。

パラ的にはこれよりいい馬なんて何十頭もいたのに、なんでこの子がいちばん強いのだろう。
不思議ですね。

この2頭に共通して言えるのは、ピークが極端に短かったこと(半Sくらい)、距離適正の幅がすごい狭かったこと、馬主が美しかったこと、あとは2頭とも成長が遅い系だったこともあるけどこれはたまたまかなぁ?
このへんになんか秘密があるんですかねぇ。

あとは裏パラがどーのこーのなんていう可能性もなきにしもあらずですが、とにかく、挙げた中で見ようと思えば見えるものは距離適正くらいなんすよね。
あとは、走らせてみないとわからない、というか走らせてもわからないことの方が多いかもしれませんね。

パラの出が悪いから切ってしまおう~なんてことはよくあることですが、もしかしたらその中に「実は大物!」なんて馬もいたのかなぁ。
怖いねぇ。

うーん、難しい。むむむ。


■がんばれスターオーちゃん

あれからアレフランスを1頭購入。
牝馬代通算69億円に。

それだけかけて残した競走馬はたったの7頭。
うーん、さすがにあと2頭はなんとかしたいなあ・・・・

それにしても、10月3週に厩舎スタートなのでまだ半Sたってない状態で、意外とお金稼げるもんなんだなあと。
いままでこうちゃんと数えたことなかったからねぇ。
コツコツ馬券買っていくことって大事だなあと思いました。


さて、おらは無料馬主はとにかく馬券を買い続けてお金をいっぱい増やすことが大事だと思っております。
いくらまで、というものはなく、最低でも牧場の枠いっぱいに、システム牝馬より能力の高い自家製牝馬が並ぶまでは、お金がいくらあっても足りないと思います。
実際には、システム牝馬より能力の高い牝馬がいっぱいになっていれば、もう1段階牧場を拡張することができている時期なのでしょうし、いつまでの期限はないと思っております。

システム牝馬は、見た目上同じ能力の馬と、容易に買い換えることが出来ます。
これって、プレミアではなかなかできない、無料の最大の利点だと思うんですよね。

たとえば1度種付けした牝馬は次Sまで待機になるわけですが、その馬を買い換えてしまえば当たり前ですがもう1回種付けできるわけです。
S終盤の競走馬枠が空いてきた頃なんかに、繁殖牝馬を買い換えまくって、空いた枠いっぱいに牝馬を作っておけば、もしかしたらその中に当たりがいて、次Sシステム馬で種付けするよりベターな自家製牝馬がでる可能性もあると思うんですよね。

つまり、システム牝馬は使い捨てにすべきだと思うです!

見た目上同じ能力でも、中身は(子出しの良さとか)1頭1頭違うものだと思います。
でも、それがわかるのは数頭産んで数頭は知らせた数S後であり、その結果を待つよりかはどんどん変えていった方が当たりはでやすいのではないかと思うんですよね。

そしてそのためには巨額の資金が必要になると思います。
それこそ、枠一杯のラフィアンを、毎S数回入れ替えられるような。

1Sで2S分、3S分の種付けが出来れば、特に序盤なんか相当なアドバンテージになると思うのです。
実際は、競走馬枠の問題や、自家製牝馬の頭数なんかの関係で、そんなに効率はでないのかもしれませんが。
でも、システム牝馬で種付けする必要がある限り、有効な手段だとは思うんですよねえ。

とにかく、同じシステム牝馬を数Sも持ち続けるのは、もったいないことだと思うつだぬまなのでした(´・ω・`)

ちょこぱふぇくいてー!


おしまい!

テーマ: 競馬伝説Live - ジャンル:オンラインゲーム

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

| ホーム |

わたくしつだぬま

津田沼ぱる子

Author:津田沼ぱる子


競伝大井鯖の底辺で大活躍中だよ。
かれーとちょこぱふぇが好きだよ。

●津田沼ぱる子厩舎
 Lv.16
 主な勝ち鞍:フリーレース
 プチセレブオジョーを偉大な
 先祖にするためがんばるよ。

●地下組織
 こそこそ生きてるよ。

きじだよ

こめんとだよ

かてごりだよ

つきべつだよ

けんさくだよ

りんくだよ

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。