スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

せいさんと私 -種牡馬編-

競馬伝説Live!! 61S1月2週

kden769.jpg


これからの生産方針ってやつをのんびりと書いていこうと思うんだ。






4人に1人が鼻血を流しているのではないか。
それは、この雨が流した汚れのような小さな綿帽子。
誰も気づかない街の片隅で描く光のベビードール。
散りばめられた花びらは、運命のデステニー。

よし、これに事件起こして犯人割り出したら、直木賞だな。

あ、どうも。つだぬまです。


生産方針について、まとめて書こうと思ったんだけど、書きたいこと全部書いてるとすごい長くなりそうだし、分割して多方面から細かく見ていったほうがこの先進めやすそうなので、のんびり項目ごとに書いていこうかなと。
んで、今回が種牡馬について。
うむ。

津田沼厩舎の種牡馬枠は5枠。
そのうち1枠を、引退馬のための流動的な枠にしているよ。

競馬伝説のいいところ、唯一といっていいいいところだと思うのですが、それはずっと残るデータベースにあると思うんです。
検索さえすれば、どんな昔の馬の詳細だって見れますし、プレイヤー馬が出走していればどんなレースも見ることができる。
61Sを迎えた大井鯖ですが、そのすべてを辿ることができるってすばらしいことだと思うのです。

自厩舎の馬にとってもそこはとてもありがたく、すべての馬の思い出が残ってくれています。
いつでも、ここまでの歩みを見返せるんですよね。

そこで、過去の馬を眺めた時、できるだけ多くの情報が残っていてくれたほうが嬉しいじゃないですかあ。
競走馬のまま乗馬にしてしまうと、パラメータは残らないのが寂しいんですよね。

どんな駄馬でも、今の自分がある大事な要素として、できるだけ万全な状態で残しておいてあげたい。
なので、特に種牡馬の1枠はとても貴重だとは思うのですが、必ず一度種牡馬入りさせてから乗馬にして、パラメータまで残すようにしています。


というわけで、津田沼厩舎の種牡馬枠は現在4枠。
今現在のその4枠にいる種牡馬から、今後の種牡馬戦略を考えていこう。



■プチセレブマドンナ

kden770.jpg
kden771.jpg

ずっとメインテーマにあげているプチセレ系の現在の種牡馬。
いろいろやってきたけど、これからはこれを唯一のメインテーマとして、この系統を伸ばすことだけを考えてすすめていきたいなと。
もちろん、この系統を伸ばすためにやらなきゃならない副産物的なテーマはいくつも出てくるとは思うんだけど。

種付けにおいてぶつかりそうな血は、父父のプチセレブオジョー自身と父母のウェラージェくらい。
うっすい牝系からつながっただけに、今現在使いやすくはあります。

能力的に物足りないのが、この系統の永遠のテーマである馬場適正とちょっと短めに寄っちゃった適正距離かなあ。
適正、単中ではあるのだけど、理想は初代プチセレちゃんの適正距離である、1400-2000の短中なんよね。
もうちょいいろいろと見栄えを良くしたい。

あとは、この馬自身、完全に繋ぎの種牡馬になっちゃっているので、もうちょいハクの着いた種牡馬に後を継いでもらいたいなと。
血を残すために、能力も戦績もイマイチな子を残すってのはあんまかっちょよくないから。

とはいえ、いたずらに代を進めて、初代プチセレちゃんやその母である初期馬プチセレブ母さんを血統表から追いやりたくないんよね。
血統表1枚でいろいろ語れるってのが理想ではあるし。

成長が遅めってこともあるし、現段階で使いにくいわけではないので、どっしりとかまえてゆっくり伸ばしたいなと思っています。



■ルビーチャン

kden772.jpg
kden773.jpg

榮倉さんの血から生まれた、津田沼厩舎史上数少ない公開種牡馬。
ストームバード系という希少さと、うちの公開種牡馬っていう希少さがあって、よほどこの系統が発展してもう必要ないなと思わない限り、おいておこうと思っている種牡馬であります。

うちのGⅠ馬なんて、100年に1回出るか出ないかだからね!!

ストームバード系はニックスも少なくて使いやすいとは決して言えないのですが、その唯一のニックス相手であるミスプロ系が津田沼厩舎においてとても重要な系統となっているので、きっと使い道は大きいと思ってはいる。

種付けでぶつかりそうなのが、母母父のトウフチャン。
このトウフチャンと、前述のウェラージェ、ウェラージェの子のイキテアゲヨウカナあたりがけっこう蔓延しているのでいちばんぶつかりやすいんですよね。
とはいえ、逆に言えばそのトウフチャンくらいなので、使いやすくはあると思う。

ただ、ここからさらにミスプロ系を経由してから主流に組み込んでいきたいと思うと、けっこう難しくなってくる気もします。

ポジション的にはうちの4枠のうちの第3種牡馬になります。
特別重要な馬が複数でてこない限りはポジション的に安定だと思いますし、成長も早いので、直近の戦略としては重要視してみたいなと思う系統であります。



■ムダニフエルワカメ

kden774.jpg
kden775.jpg

他に残す馬がいなかったので、なぜか4枠目に残った種牡馬。

ただ、パラの見栄えだけはいちばんいいんですよね。
全然走らなかったんだけど!!

生まれたときはさあ、期待したんだよう。
だから、最近好んで使ってる冠名「フエルワカメ」を与えて、フエルワカメ軍団のエースとして期待したのだけど、二回り能力が低くてもおかしくないくらいのタイムしか出なかった。

好戦績は無駄に増えなかった。

血統的な思い入れは限りなく薄く、戦績的な思い入れも限りなく薄いのですが、なぜか4枠の種牡馬枠に入ってました。
それだけ今はあげる馬がいないってことなんですけどね。
きっとなんかしらの強運を持っているに違いない。

種付けでは、3代にわたって公開種牡馬をつけていることもあり津田沼色が限りなく薄いため、すごい使いやすい部類にはいるんですよね。
主要系とのニックスが多いヘイロー系ってこともありますし。

出番だけは無駄に増やせるんですよ。

ネックは処理適性が短なこと。
短距離はわたくちの守備範囲外でありまして。
それでも、ダートの1400さえ走れれば、なんとか組み立ててはいけるのですが。
だけどもうちょい上に行ってほしいです。

正直、この馬の系統を伸ばそうとは思っていないです。
できれば、その血の薄さを利用して、牝馬の方に入っていってもらいたいと思っています。

第4種牡馬でもありますし、なにか他に出ればすぐ切ってしまおうと思っているのですが、せっかくここに残ったのだし、なんらかの形で後世に役だってほしいなと思います。



■ボトルチャン

kden776.jpg
kden777.jpg

準メインテーマである大井独自系統イニシャルケー系の末裔。
そうなの。大井独自系統なの。他にはないんだよ。

独自系統への想いは後述するとして・・・

ねえさん!たいへんです!15歳です!
そうなのよ。種付け最終年なのよ。

この馬の最大の長所は、早熟ダート中距離というその適正にありますのよ。
JDDを大目標とし、皐月賞すら叩き台に、ちょっと距離がずれたら、NHKマイルとか、日本ダービーとかに出てあげてもいいよっていう王者の目線!
すてきよ!わたくしの次に!

でもいかんせん、この子は血が濃すぎるのですよ。

父のトウフチャン、母父にはうちの一昔の準主流系統エディアルド系のアラスカちゃん、そして母系の末尾には、プチセレ系でうちの初GⅠ馬リンゴオジョーと、がっちがちに津田沼色が入り込んでいるのです。
逆に言ってしまえば、津田沼厩舎として、1、2を争う完成された血統の馬でもあるんですよね。

現時点ではとても使いにくいのですが、最終的にプチセレ系に合わせたい系統としても重要視しているし、大井独自系統であることからしても、なんとかして繋いでいきたいのであります。



■大井独自系統への想い

大井独自系統は、現在10系統。

そのうち最新の4系統に関しては、あんま心配してないし、特に興味もないのです。
過疎化が進んでいる中で誕生した系統だから、いちばん活気のある馬主会で生まれたってことだし、故にきっとどんな形であろうと生き抜いていってくれるだろうし。
逆に、その最新の4系統が全て忘れ去られてしまうようなら、もう大井鯖の寿命も尽きたのかなって思うかもしれぬ。

で、残りは、

ツバサアロー系 インマイユニバース系 エディアルド系
ヴァンパイアヴィズ系 イニシャルケー系 ディアアスピル系

の6つ。

公開されてるのはツバサアロー系のみで、残りはどれくらい生き残っているのだろうか。
とりあえず、イニシャルケー系がうちで生き残ってるのは確かですけど。
うちとは他にイニシャルケー系生き残ってたりするのかなあ?

この6系統のうち、いちばん早く生まれてるのがディアアスピルで6S生まれ。
イニシャルケーがその次で、8S生まれになります。
もう、53S生き残ってることになりますね。
わーお。


大井独自系統はその名の通り、この競馬伝説Live!の大井鯖にしか存在しません。
現実にもダビスタにもウイポにもない、ほんとにここだけの存在であります。

なので、もし競伝がなかったら、生産者さんが生産してなかったら、その後誰もその系統をつけなかったら、この系統が今存在することはないのであります。

現存してるものから見えるものが全てというわけでもないと思います。
別の系統が発展してたからこそ伸びた血統もあったでしょうし、全く系統とは関係ない人のアドバイスで得た1勝が血統の伸びに関係した可能性もあるかもしれないし。
いろんなことがあって、今があるんだと思います。

名馬あり、名勝負あり、名馬主あり、名血統あり、歴史っていろいろな要素で構成されてると思います。
独自血統じゃなくても歴史のある血統なんていくらでもあるしね。
プチセレちゃんだって、たどっていけばはじめの種牡馬は7S生まれだし。
でも、名前がついてる独自系統は、いちばんわかりやすいしね!

勝負の世界だからさ、どんなに重要なものでも、思い入れのあるものでも、ダメだったら衰退していくのはしょうがないと思うんだよね。
シンザンの血だって、オグリの血だって、ブライアンの血だって、ダメだったら途絶えていってしまうんだもの。

でもさ、オンラインの仮想空間なんだからさ、そこは理想を求めてあがいていきたいってもんじゃない。
システム系統は消滅しないわけだし!ずるい!
うむ!

わたくちは、そんな独自系統を、いままで61S歩んできた大井鯖の歴史をひっくるめたものとして、大事にしていきたいだよ。



そんなわけで、話は戻ってボトルチャン。

個人的に言えば、イニシャルケー系はプチセレ系とニックス関係にあるってこともあるし、思い入れも多いから、プチセレ系の最終的な配合相手にしたいってのがテーマに沿った考え。

でも、大井独自系統を守って行きたい気持ちもあるから、きっと最終的なところまで行っても、後に繋げて行きたいと思うです。



■鯖統合について

歴史の話が出たので、最近ちらっと聞く鯖統合に関しての意見を。

競伝にはたくさん鯖があって、でもけっこう過疎化が進んでいて、困っちゃうわなんて状況で。
だから、鯖統合があるかもなんて話がでているんだろうけど。

競伝における鯖って、パラレルワールドだと思うんですよね。
初期状態があって、そこで勝負が行われて、勝った馬が繁殖馬として発展していって、そして今それぞれの形があると。

そういう時間軸の異なったパラレルワールドって、くっついちゃいけないもんだと思う。

たとえば、王さんがもう5年現役を続けた世界とくっついたとする。
むこうの世界では、900本までホームラン打ったから、向こうの王さんが1位でこっちの王さんが2位ね。ってなるのでしょうか。

たとえば、徳川家康が生まれなかった世界とくっついたとする。
向こうの世界では天下統一がされず、現在でも日本は10個の国に分かれてるから、じゃあこれからは間を取って5個の国にわけましょうか。ってなるのでしょうか。

そんなのやーだー。
でもくっついちゃったものはしょうがない。
じゃあいったん歴史は白紙にして、今をスタートにしてこれからの記録だけを残して行きましょう。ってなるのでしょうか。

どんな形にしろ、パラレルワールドがくっつくってことは、それまでの歴史を放棄することだと思うんですよね。

ロールプレイングゲームのような、各鯖横並びで、混み具合だけ考えた鯖のわけかたであれば、統合したって知らない人が増えるくらいで問題はないと思うんだけど。
競伝も、繁殖に上げるってシステムがない、ただの競走ゲームなら、そんなに問題ないのかもしれない。

強い馬さえ生まれれば、血統なんてどうでもいいし、過去の馬なんてどうでもいいよーって人もいるかもしれないけど、競馬って題材でそうなっちゃうと、競馬の醍醐味の何割かが飛んでっちゃうと思うのよー。
サラブレッドは父系を辿っていけば必ず3頭の馬にたどり着く、そういった血統ロマンが競馬の大事な要素の1つだと思うものー。

人が減っちゃって、ゲームとして成り立っていかなくなるのも困るけど、それと今までの鯖の歴史を同じ天秤で量るのはいけないと思うわたくちです。



■かくしミッ○ー

なんか(・_・) はなしが(・_・;) それた気がする(`Д´)

で、津田沼厩舎の4頭の種牡馬の方針を書いたわけだけれど、独自系統絡みで、実はもう1頭隠し種牡馬がいるんですよね。

一昔前、主流系統の1つとして持っていたのだけど、さすがに3系統を育てていくのは枠的に厳しく、また牝馬に多く血が入ったこともあり系統の育成は断念したのですが、独自系統を守りたい気持ちから、無料アカに移植して今まで生き抜いてきた種牡馬が1頭。ないし2頭。

kden778.jpg
kden779.jpg

とりあえずエディアルド系のなんとかなんとかちゃん。

移植したけれど、そっちにはそっちでやりたいことがあるし、そんなに力を入れられないから、とにかく系統として残ってくれていればって感じ。

もう1頭、現役馬で候補がいるのだけど、種牡馬枠の少ない無料アカなので、とりあえずいるうちはなにか付ける程度の考えではあります。

ただ、このエディアルド系のいいところは、メインテーマであるプチセレ系、準メインテーマのイニシャルケー系のどちらともニックス関係にあることであります。
どちらともニックス関係にあるのは、このエディアルド系とミスプロ系の2つのみ。
なので系統として残ってさえくれれば、選択肢が広がってとても助かるんですよね。

しかも異文化である無料アカで代を進めたため、他人の手が入らずに血が薄まっていってるのですよね。
濃くしようがないだけなんだけど。

エディアルド系が他にどれくらい生き残っているのか、まったくわからないのが心配なんだけど、とりあえずはこのような形で残ってはいます。
ただ、最終的には守りきれなそうな気がする(´・ω・`)

でもどのような結果になろうとも、しばらくはうちに必要な系統であることは間違いないので、がんばって繋いでいきたいと思っております。



■ひな形

とりあえず、この5系統5頭を基に、これから進んでいこうかと思っています。
後々、再考する必要はあると思うのですが、この5頭をとりあえずの津田沼革命始祖種牡馬に任命いたしたいと思います!
とりあえずのね。
決定稿は、プチセレ系、イニシャルケー系、ミスプロ系、エディアルド系、+1の5頭にしたい。
自分ローカルな決め事だからなんでもいいんだけど(//・_・//)カァ~ッ…

これらから、とりあえずのひな形を作ってみたりなんだり。
あんまり形を作ってしまうと、形だけ追いかけて中身の薄いものになりそうだからあまりしたくはないのだけど、大まか目標ってあったほうがいいと思うから。

これを1つの選択肢として、臨機応変に組んでいきたいな。

kden780.jpg

青字が積極的に育てて行きたい系統。
赤字は牝馬がそれなりの数生まれてくれさえすれば、種牡馬を育成する必要性が低い系統。

今まで出てきてない中で、バックパサー系を入れてみたのは、単純な趣味です。
あと利用できそうな系統とすれば、ヘイロー系やサドラーズウェルズ系かなあ。
まあ、単純なニックスで並べてみただけなんだけど。


とりあえずこのひな形を基に、色々考えていこうと思っていますー。





そんなわけで、今回は種牡馬の方向から、今後の方針を手短に書いてみました。
正直、今回の改革で、種牡馬に関してはあまり重きをおいてないのですよね。
毎日健康に過ごしていけば、いつかそれなりの形になるだろうと。

バウムクーヘンの切れ端を袋詰めしたものを求めて行列を作った所で、元の丸いバウムクーヘンに戻ることはない。
けど、どんな形であろうと、バウムクーヘンは美味しいのです。

そんな感じでがんばっていこう!!!




最後に1つ聞きたいのですが、今書いたバウムクーヘンのくだりが、わたくしにはさっぱり意味がわからないのです。
あのくだり、必要だったのでしょうか?

テーマ: 競馬伝説Live - ジャンル:オンラインゲーム

| trackback:0 | commnet:3 | BACK TO TOP |

コメント

ずっと勘違いしてた^^;
タイトル『お美しいとりにく』を『おいしい鶏肉』だとばかり・・・・・・・^^;
2013/06/01(土) 23:53:18 | URL | 他鯖住人 #-[ 編集]
おりじなーる
ツバサアローとヴァンパイアヴィズ以外はうちの会種牡馬で生きてますお(`・ω・´)
2013/06/19(水) 22:08:25 | URL | りゃんぺこ #JOOJeKY6[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/07/09(火) 00:09:06 | | #[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

| ホーム |

わたくしつだぬま

津田沼ぱる子

Author:津田沼ぱる子


競伝大井鯖の底辺で大活躍中だよ。
かれーとちょこぱふぇが好きだよ。

●津田沼ぱる子厩舎
 Lv.16
 主な勝ち鞍:フリーレース
 プチセレブオジョーを偉大な
 先祖にするためがんばるよ。

●地下組織
 こそこそ生きてるよ。

きじだよ

こめんとだよ

かてごりだよ

つきべつだよ

けんさくだよ

りんくだよ

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。