スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ロサード:後継

競馬伝説Live!! 52S7月2週

kden728.jpg


ばら一族とは、赤身と脂身が3層になっていることから3枚肉とも呼ばれ、骨付きではスペアリブとも呼ばれ、脂分が多くコクと旨みがあり、角煮や焼肉、ベーコンなどにも使われる豚バラ肉とは全くの無関係であることは確かである。




どうもどうも、もいっちょどうも。
つだぬまっていいます!


年末から正月の忙しさを経て、やっと落ち着くと思ったら2月も引き続き忙しく、さらに3月も忙しくなって、どうやら来月も忙しくなりそうであります。
おらに平穏な日々はやってくるのでしょうか。

とりあえず、先日お仕事関係で試験がありまして、結果はまだ出てないのですが解放されたことで頭の中は幸せ一色!
結果はどうでもよくて、ダメならダメで再試験がたぶんあると思うのですが、初回の緊張さえ乗り越えればあとはなんとでもなるってもんです。

幸せといえば、先日川崎で珍しく儲かった。
給料3ヶ月分には届かなかったけどーってくらい。
遊べればいいと思ってはいますが、たまにはこんなこともないとね!


いろいろあってまた少し間があいて、ネタも貯まり気味ですが、まあ順番に小出しで行こうかと。
そんなわけで、今日は52Sのテーマ、「最強馬の系譜」のロサードのお話。



■ロサードモデルの後継づくり

まずはおさらいから!

最強馬の系譜

1.ロサードのモデルを作り
2.牡系を伸ばしていき
3.父の愛した世界最高峰レース小倉記念を制す

こんな感じ。


それで、昨Sのうちに用意しておいたロサードのモデルがこいつ。

kden716.jpg


競伝における競走馬の能力って、ほぼ繁殖牝馬の能力依存って言ってもいいと思うんですよね。
種牡馬は、繁殖牝馬の能力をどれだけ引き出せるかと、ちょっとした+αって感じで。
ちょっと言い過ぎかもしれませんが、そんくらい極端に思っててもいいのではないかと。

なので、貧弱なパラではありますが、牝馬次第でどうにでもなっちゃうんじゃねーのなんて思いもあったり。


でも、テーマと照らし合わせると、とても困ったことが一つ。
成長型が超早熟だと、小倉記念までピークが持たない可能性が高いんですよね。

小倉記念はいちばん早くても3歳の夏。
しかも古馬との対戦ということも考えれば、上がり補正なんかも持っておきたい。
できるだけ成長が後ろのほうがありがたいんです。


また、ロサードの血統的なものもひとつ困ったちゃん。
ロサードの父はサンデーサイレンス。
サンデーの血、それも濃いところに来ちゃっているのがおらにとっての悩みであります。

おらは自家製血統というものを重視してプレイしてきました。
そうすると必然的に、自家製血統の飽和という問題がのしかかってきます。
でも、そんなことははじめからわかっていること。
なんとか逃げ道を作って、行き詰まりの無いよう進めてきたつもりでした。はい。

ただ、思いも寄らず影響が強くなってきちゃったのがサンデーの血なのです。

別に狙ったわけでもなく、重視して大量に導入したわけでもなく、たまたまサンデーの血が入った数頭が、繁殖に上がれる子を多く出したという感じ。
サンデーはもちろんシステム馬で、プレミア馬主であるおらとはそこそこ相性がいいはずなのですが、おらの考える自家製という問題もあって、影響力が強くなってしまいました。


たとえば、セリで買った繁殖牝馬に公開種牡馬を付ける、これも自分で手がければ自家製という括りになるはず。
ただ、その組み合わせなら、たとえ自分がいなかったとしても誰かしらが作っていたのではないかと。

でも、たとえばその子にさらに後継を作って、そのまた子に、さらにそのまた子にと、どんどん深くなればなるほど、自分がいなければ生まれてくることはなかった率が上がってくると思うんですよね。

つまり、おらの自家製へのこだわりは、自分がいたからこそ生まれたといういわば「自分の存在証明」であるわけです。
もちろん、血統だけでなく、名付けやローテなんかでも、できるだけ自分色に染めることによって、競伝の世界に自分がいることの証明にしたいのであります。


で、そういった観点で見ると、セリで買った牝馬や公開種牡馬っていうのは、自分でない他の誰かの存在証明が入っているわけで。
大井鯖50Sを超える歴史、その全てではないにしろいろんな人の存在証明が入っているのですから、それはとても尊いもの。
でもだからこそ、そこから自分色に染めていくのはまたとても難しい物でありまして。

親しい友達にもらった、愛馬と同じレースに走った、現役時代憧れたなどなど、いろいろな思い入れオプションは付けられるものの、自分色に染めるにはとてもたいへん。

そうなると、誰の手もついていないシステム馬っていうのがとても魅力的に見えてくるんス。
具体的に言えば、ロト種牡馬などのプラチナ種牡馬や、EX繁殖牝馬。
EX種牡馬はちょっと効果大きいから気がひけるのだけど、そのへんなら割と導入しやすくて。


そーのー結ー果ーがー、サンデーの飽和っすよ。


それを解消するため、この10S近く、必死こいてサンデーの影響力を小さくする作業をしておったのです。
まだすべて解消できたわけではないのですが、けっこう薄くなった。

そこに、このロサードっすよ。
相手を選びつつ、うまいことやっていかなくては。
なんかここまで話が長くなってしまった。



んなわけで、この2点、「成長型」と「サンデーの血」というファクターから、まず数代血統を流したいなと思うに至りました。
そのついでとして、パラも整ってくれるといいなと。



では、ロサードモデルの後継を作っていきましょー。
目標は、当然牡馬で、父よりパラが整っていること。まずはそんなとこ。


まず1頭目のお嫁さんはこちらー。

kden731.jpg

今Sから繁殖入りのアリッサチャン5さい。
グラフも結構しっかりしてたし、うちとしてはタイムもそこそこ出た、ちょっと期待の子。

kden730.jpg

こんな感じの血統表になったよ。
ヘイロー×ノーザンダンサーのアウトニックスだよ。
5代母に、つだぬま厩舎の初GⅠ馬のリンゴオジョーがいたりして、ぺろぺろしちゃいたい血統になってきたよ。


まずは現相馬をつけてみた。
けっこうでこぼこだったよ。

父親が父親だけに、現相馬だけじゃ想像つきにくかったので、いちばん凹んでいるスタミナ!・・・は相馬眼なかったから、2番目に凹んでいる根性に相馬眼当ててみた!

kden729.jpg

あーれーまー。

かさ上げ臭プンプンさせていますが、Sまで伸びてくれましたわ。
こうなると、スタミナはともかく、他は確実にSは超えそう!

成長型と遺伝はわからないけど、成長型はこれ以上悪くなることはないだろうし、遺伝は多少の劣化もおっけい!
サンデーアレルギーがある今のおらには、とりあえず血統を進めることが最優先ということで・・・

後継はこの子でいいか(//・_・//)カァ~ッ…



ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ ロサードモデルの種付け数は、1頭に終わってしまいました。



うむ!最少手で結果を残せたということは、きっとうまく言ってるに違いない!!

7月現在のお話ですが、グラフの埋まり具合からしてうまいこと早熟に行ってくれたのではという期待も。
どちらにせよ、2歳でデビューはできそうなので、数戦がんばって、来Sからは後継種牡馬として働いてもらおうかなと考えております!





じわじわとこっそり動いています我がテーマ。
いつかきっと、世界最高峰の舞台に立てるよう、がんばっていきたいっす!

えいえいこくらー!ヾ(*ΦωΦ)ノ
 

テーマ: 競馬伝説Live - ジャンル:オンラインゲーム

| trackback:1 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

競馬伝説Live!! 52S7月2週ばら一族とは、赤身と脂身が3層になっていることから3枚肉とも呼ばれ、骨付
2012/10/27(土) 18:26:00 | まっとめBLOG速報
| ホーム |

わたくしつだぬま

津田沼ぱる子

Author:津田沼ぱる子


競伝大井鯖の底辺で大活躍中だよ。
かれーとちょこぱふぇが好きだよ。

●津田沼ぱる子厩舎
 Lv.16
 主な勝ち鞍:フリーレース
 プチセレブオジョーを偉大な
 先祖にするためがんばるよ。

●地下組織
 こそこそ生きてるよ。

きじだよ

こめんとだよ

かてごりだよ

つきべつだよ

けんさくだよ

りんくだよ

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。