スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

なんとかダマオウをつくろう-その1

競馬伝説Live!! 46S9月1週

kden599.jpg


ウハウハが、加速する。・+.(@▽@).+・。




はじまりましたよ、「なんとかダマオウをつくろう」!

なんとかダマオウの血統構成をお手本に、無料でステキな血統を組み上げ、大レースに勝って種付け料で儲けてウハウハしちゃうぞ!って企画。
くわしくは前回の記事をご覧くださいませませ。
ウハウハの入り口にいまいるでやんす!!

そういえば、ミスプロ系とロベルト系はニックスじゃないんだよ。
さも前から知ってたみたいに書いた。
さも前から知ってたようなので訂正なんてしないもん。



さて、今日は、この血統表モデルの

kden591.jpg

この部分

kden592.jpg

ここを徹底的に吟味して組み上げたいと思います!



■はじめは父系からよ

今回の企画、そして血統表モデルの肝は、やっぱりこの父系の祖を作るための、システム×システム牝馬づくりにあると思います。
その機能的なものについては前回くどくどと書いた通り!
おらが書くと文章が長くなってしまうから、実際はそれほど対し話しでないのにぎょーぎょーしく見えていいね!きっと!

さらに、機能的なものだけではなく、今回は見栄えも大切なの!
なんたって、この血統表モデルだと、最終的にここも血統表内に残るからね!!

「なんだ、人気のシステム馬並べただけじゃん」なんて思われたら面白くないし!
「完全に運だけじゃねえか」なんてつまらない配合もよろしくない!

ちゃんとしっかりとした理論の元、実践的かつオリジナリティあふれるものにしないとね!!



そんなわけで、まず繁殖牝馬選びから。

大事なのはあふれんばかりのスピード!
すべての基礎となるこの部分、方向性として豊かなスピードを誇るものにしたい!
ただ、一本調子のスピードじゃだめよね。
スピードの中にもタフさ、力強さ、そんなとこが必要と考えただ。

そして、それを判断するのに、ただパラの比較だけで考えちゃいけないと思うんだ。
表示のパラや、グラフの大きさ、それだけではわからない、もっと奥底の本質を掴まなくちゃね。


近年の、この力強く切れのあるスピードを持った馬を思い返してみる。
ここ数年は、ほんと牝馬が強いからねえ。いろいろ思い出せるよ。

中でも印象が強いのが、ラインクラフトかなあ。
桜花賞、NHKマイルカップを制し、2000の秋華賞も2着。
古馬とぶつかるようになってもマイルCSで3着、翌年の高松宮記念も2着。
スピード豊かで、かつ不利を跳ね返す力強さもあるはず!

そんなラインクラフト自身は無料の繁殖にはいないのよね。
ただ、その母、マストビーラヴドはちゃんといるのです!

kden593.jpg

この母自体、サンデー×ノーザンテーストという良血!
血統というしっかりした土台があって生まれた豊かなスピード。

うむ!これは。・+.(@▽@).+・。ィィ!!

マストビーラヴドをはじめの繁殖牝馬にしようと思いますヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ




そして、それにつける種牡馬を考える。

ラインクラフトの父は、エンドスウィープであります。

kden594.jpg

エンドスウィープといえば仕上がりが早く、スピードの勝った、つまり短距離側に出るってイメージですよね。
競伝風に言えば、超早熟の短距離馬!

でも、エンドスウィープの代表産駒といえばラインクラフトの他に、スイープトウショウやアドマイヤムーンとか?
ちょっと遡ればサウスヴィグラスとかもか。
(ちなみに日本で繁用されたのはわずか3年。すぐ死んだ。それでこれだけ活躍馬だすのもすごい!サウスヴィラスはマル外。)
なんか大きいとことってるのって、古馬に入ってからのほうが多いんすよね。

スイープトウショウの宝塚、エリ女。アドマイヤムーンのドバイDF、宝塚、JC。サウスヴィグラスのJBCSもか。
スイープトウショウとアドマイヤムーンに関しては、おもいっきし中距離馬だし。
もちろんどの馬も2歳時から活躍してはいますが。

競伝では、超早熟で生まれた馬が古馬でGⅠを勝つなんて、ほぼありえません。
つまり、競伝的に言えば「化けた」馬が活躍していると!

実際の歴史を信じ、エンドスウィープをつけるといった作戦も考えられましたが、「化ける」ことを期待しての配合となってしまう。
運に期待しての配合など、今のおらにはふさわしくないのです。

エンドスウィープは断念せざるを得ない。
否!!!!!
断念などではない!
天はおらに歴史を越えるチャンスを与えてくださったのだ!!



そうと決まればベストを探し尽くすのみ!
ラインクラフトをも超えるため。
キーワードは「豊かなスピード」と「距離の壁の克服」。そして「安定性」。


そこでおらが目をつけたのが、ブラックホークであります!!

kden595.jpg

ブラックホークはスプリンターズSと安田記念を制した快速馬。
名種牡馬である父ヌレイエフのスピードを存分に受け継いだのよ。
また、半妹ピンクカメオもGⅠを制すなど、血統的裏付けは一級品!

28戦して、6割を越える連対率!8割を越える複勝率!
スプリンターと思われながら、引退レースになった安田記念では距離の壁を感じさせない差し切り勝利!
すべての条件は整っているのであります。

繁殖成績はぱっとしないけれど、それもまたいとをかし。
歴史はここからおらによって作られるのであります!!



そんなわけで、父・ブラックホーク、母・マストビーラヴドでいくことに決定しました!
この2頭、ちょっと血が濃くなってしまうのですが、それもきっと特徴の一つとなるはず!

表面だけではわからない、大事な大事な内面から理論的に導き出した最高血統。
きっとすばらしい結果が待っているとです!


生まれた子はこちら。

kden596.jpg
kden597.jpg


うーん、かわいい。
果実のようにみずみずしく、一撃必殺の武器のように鋭い、そんな意味を込めて「スイカシュリケン」と名づけました。





さてこれで、完成血統表のこの部分

kden598.jpg

こんな感じで決定しました。



こうして入り口にたったウハウハへの道!
これからどのようになっていくのでしょうか!

つづく。・+.(@▽@).+・。




ということで、「ブラックホークとマストビーラヴドをつけました。」って話でした。
1行で済みますね、うん。

テーマ: 競馬伝説Live - ジャンル:オンラインゲーム

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

| ホーム |

わたくしつだぬま

津田沼ぱる子

Author:津田沼ぱる子


競伝大井鯖の底辺で大活躍中だよ。
かれーとちょこぱふぇが好きだよ。

●津田沼ぱる子厩舎
 Lv.16
 主な勝ち鞍:フリーレース
 プチセレブオジョーを偉大な
 先祖にするためがんばるよ。

●地下組織
 こそこそ生きてるよ。

きじだよ

こめんとだよ

かてごりだよ

つきべつだよ

けんさくだよ

りんくだよ

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。