スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

プチセレ系のおともだち

競馬伝説Live!! 46S5月4週

kden569.jpg


プチセレ系を繋いでいくため、大事な大事なおともだち。
そんなプチセレ系をとりまく他系統のお話などだよ。




やあやあ!
たくさんサボったかと思ったら連日の更新!!
まあこんなブログ毎日更新されてたって読まねーよ!
めんどくさいし!

もしここ読んでる人がいたらいちおう言っておくけど、読んでる人なんてあなただけだよ?
ここに来てる人なんて、エロ動画を探してた人が間違えてきちゃっただけだからね。
いわば、あなたこそがこの世界でいちばん無駄な時間を過ごしているダメ人間なのさ!

おらはなにを言っているんだろう。
まあいいか。


そんなわけで今日は、前回書いたプチセレ系の展望にまつわる他系統のおはなしなんかを。


■現在所有している主な他系統。

おらはプチセレ系を繋げていくことをライフワークにしています。
そのプチセレ系を育てるためには、プチセレ系だけ追求していけばいいというわけでもねえんすよ。
プチセレ系を繋げていくために大事な繁殖牝馬。
その大事な繁殖牝馬をより使いやすく、よりプチセレ系に合ったものにするため、他系統の育成は必須なのであります!

まあ、公開種牡馬でもシステム種牡馬でも、全然構わないんだけどさ(≧∇≦)ブハハハ!
でもやっぱり自家製にこだわるからにはそこもこだわらないとね!


そんなわけで、おらがいま所有しているプチセレ系以外の系統は主に2つ。
イニシャルケー系とエディアルド系であります。

2つとも、大井鯖の独自系統。
そんな歴史的な価値と、プチセレ系(ボールドルーラー系)とニックス関係にあるというのが決め手であります。
また、どちらも人気のある系統というわけではないので、いざ公開種牡馬などを使って代重ねをしようと思ったとき、血がぶつかりにくいなんて意味もあったり。

それぞれの系統のうちにきてからの歴史を。

○イニシャルケー系

・オルコレムさん

kden570.jpg

イニシャルケー系はダートが勝っていることや距離的、成長型的にも好みがぶつかっていたので、昔からよく利用していました。
が、なかなか結果が出ず。
公開からも消えかけ、最後のチャレンジ~って気分で生まれたのがこの子。

相馬眼を付けていなかったので、引退してから「あーきれいなパラだなー。」と。
まあ現役時の成績、タイムなどから全然期待してなかったんだけど(*´ェ`)ネー

現在は引退済み。


・トウフチャン

kden571.jpg

オルコレムは結局4頭の産駒しか出さなかったんだけどそのうちの1頭。
というかはじめての子。そして唯一の成功例。
この子がいたから4頭出したけど、もともとは1頭で打ち止めの予定だった。

いまでもイニシャルケー系種牡馬のエース。
逆に言えば後継馬がなかなか出ない(@Д@;A アセアセ

後継はなかなか出ないけど、この血は牝馬に入って繁殖牝馬の主力化してる感じ。
それもまた複雑な気分。


・カルビチャン

kden572.jpg

トウフチャン産駒。うちの数少ないGⅠ馬。唯一の公開種牡馬。
種牡馬としての成績は今一歩な感じなのですが、昨Sついに重賞馬を輩出(*´ェ`*)ポッ
まあ、おらが出したわけじゃないんですけど(*´ェ`)ネー

というか、この子をまだ自分で使ったことがない。
超早熟を欲してないことと、血統的にうちでつけられる牝馬が少ないってのが理由。

トウフチャンが引退したらこの子から後継を出さなきゃとも思うのですが、できればトウフチャンから別の馬出したいなあ。
で、誰かがここからイニシャルケー系の公開馬を出してくれたりなんかすると幸せ。


・スミレチャン

kden573.jpg

トウフチャン産駒。
パラ的にちょっとさみしいかなとも思うのですが、いちおうキープ。
いちおう見た目のままパッツンパッツンではあるから。

枠の都合上、そうそうキープもできないし、血統的にも使いやすいわけじゃないから、うーん・・・って感じ。


○エディアルド系

・アラスカチャン

kden574.jpg

前回も書きましたが、プチセレ系ととても相性のいいエディアルド系。
これはなんとか取り入れたい!とつけてみたのがこの子。

パラはきれいではあるのですが、かなりのかさ上げパラなんですよね。
現相馬眼をつけていたものの、引退してから見た目がきれいってことに気づいた。

そんなかさ上げ感いっぱいの馬だったのであまり期待していなかったのですが、産駒はほとんどかさ上げ感のない馬が多く、なかなか楽しめる種牡馬でした。
ちょうどそのときの繁殖牝馬に相性が良かったのかな?

距離適性が極めて狭いのが特徴で、この馬も産駒も距離の相馬眼をあてていないのですが、ほとんどが2000-2200のような気がします。
すぺさりすとはそれでステキなのですが、ちょっと使いづらい面もあるかなあ。

いちおう今でもいちばん使うエディアルド系ではある。


・バントライン

kden575.jpg

アラスカチャン産駒。イニシャルケー系最高傑作ダンゴヒメとの子。
それゆえに、なかなか配合相手に悩む種牡馬でもある(@Д@;A アセアセ

さっき、アラスカチャン産駒はかさ上げ感のない馬が多いと書いたのですが、この子はややかさ上げ感があったりヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

まあそんなわけで、まだそれほど産駒を出してないのでよくわかんない1頭です。


・サカナオジョー

kden566.jpg

で、前回も書いたサカナオジョーちゃん。バントライン産駒。
1代流してプチセレ系に帰属するために、ボチボチと試していきたいなと思います。



以上、2系統の歴史でした!

2系統といいつつ、それぞれが完全に独立した系統というわけでなく、だいぶこんがらがっちゃっているのが困ったところ(@Д@;A アセアセ
両系統それぞれの最新種牡馬、スミレチャンとサカナオジョーちゃん。
スミレチャンの母系にはエディアルド系、サカナオジョーちゃんの母系にはイニシャルケー系がもうすでに入っちゃってるんですよね。

んもうー、困ったちゃん。
そんな悩みを次の項で書いてみたり。



■当初の計画と現在の問題点とお金が好きなこの気持ち

プチセレ系を繋いでいこうと決めたときはじめに思いついた戦略は、プチセレ系だけではなく複数の独立した他系統を育て、最後にガシガシと合体させることでした。

プチセレ系とニックス関係のあるいくつかの系統とニックスの輪を作ることによって、だんだんと洗練しつつ永久機関を作ろうと。
まあ、そんなにうまくいくわけがないので、ある程度外部の血が必要になると思ってはいましたが。

そんな理想を血統表であらわしてみるとこんな感じ。

kden576.jpg

埋めた部分だけでなく、各牝系もにゅにゅにゅっと作り上げることで、血統表に自家製馬がいっぱいあらステキとなるはずだった。

しかしそううまくはいかないのよ(*´ェ`)ネー
まあちょっと考えればわかることなんだけどさあ。

この計画を実行しようと思ったら少ない手数で進めていく必要があるのだす。
牧場内の血統支配度をあげてしまうことは、この計画には許されないのであります!
理想は、1発必中!!

でもそうはいかないことは明白なのよね。
理由は牡牝それぞれの繁殖への導入のしやすさ。

牡馬を繁殖に上げるのはとても勇気がいります。
なぜなら枠が少ないから。
少ない枠の中、しかも複数の系統を同時に育てている。
こうなるとよほどの勝算がなければ種牡馬として導入するのは難しいです。

ましてや自家製ともなれば、ほぼその父親も種牡馬として1枠使っていると思うので、父親を超えた!と思えなければなかなか種牡馬として使えねえっす。

でも、牝馬となれば、種牡馬に比べて枠が豊富であります。
競走馬枠の問題から繁殖牝馬として牧場に残りながらも繁殖せずにシーズンを終える馬なんているんじゃないでしょうか。
それゆえに、牝馬の繁殖入りの敷居は、種牡馬に比べてずっと低いのであります。

種牡馬の後継をつくろうとがんばっていると、その系統の牝馬がだんだん増えていき、やっと後継ができたころにはつけられる牝馬が極めて少なくなってるという。
プチセレ系であればそのへんに気を使って、手詰まりにならないよう対策をとりつつ進めていけるのですが、それをすべての系統においてやるのはもう不可能であります!

こうして独立して育てようとしていたそれぞれの系統が、予定の遥か手前で交わってしまい、最終的に考えていた合体ガシガシができなくなるです。

当初の計画は、こうして音を立てて崩れ落ちようとしています。

お金が大好き。



■今後の計画

ということで、計画に修正が必要になりました。
とはいえ、こんなことはわかりきっていることでもあるので、あわてる必要もないのですが(≧∇≦)ブハハハ!

元々は、独立した系統を合体させたあとも、また別の枝を介して繋げていき、数代後にまた再合体という永久機関づくりを理想にしていました。
メインで育てているわけではないといっても思い入れは十分詰まっている系統。
それを永遠に活かしていけるならそれがいちばんステキじゃない。

でも、あっちも大事ペロペロ、こっちも大事ペロペロだと、いちばん大事なことが霞んできちゃう。
いちばん大事なのはプチセレ系なの。
プチセレちゃんかわいいよはぁはぁぺろぺろ。

イニシャルケー系もエディアルド系も、時が来たらつだぬま牧場のスタッドから消える日がいつかくると思います。
その覚悟ができたぜ!
たしかに姿はなくなってしまうかもしれませんが、しかしプチセレ系の血となり肉となり、永遠にともに歩んでいくのであった!


(≧∇≦)ブハハハ! アタリマエのことじゃねえか!


まあようは、いままでは牡系を伸ばして最後に合体させようという考え方であったわけですが、これからはあるていど牡系が整ったら牝馬に投影させ、新しい牡系にまた移行するといった感じにしようかと!
系統の幅を増やし、血の閉塞を防ごうってわけですな!
実際はいろんな可能性を追求したハイブリッドな作戦を取るかと!

プリウスつだぬま。・+.(@▽@).+・。



■新しい世界へお金が大好きなもので

そんなわけで、今現在ちょろちょろと新しい系統に手を出しています。

そこで新しい試み。
いままではプチセレ系とニックス関係にある系統を重視して進めてきたのですが、先々を考え、プチセレ系とはニックス関係がないものの、プチセレ系とニックスがある系統とはニックスがある系統、いわば2次ニックスの系統を大事にしていこうかなと。

ちょっと離れた系統のほうが血がぶつかりにくいという面と、イニシャルケー系、エディアルド系をはじめとしたプチセレ系のおともだち達が血を伸ばしやすくあるかなという思いがあります。

まあニックスの豊富なボールドルーラー系だから、そこから2次ニックスと言えばそうとうな選択肢があるんですけどね(≧∇≦)ブハハハ!
もう作戦でも何でもねえな(≧∇≦)ブハハハ!


そんな感じよ!
なんか最後と何言いたいかわかんなくなってきたけどまあいか(≧∇≦)ブハハハ!



そんなわけで今日はここでおしまい。
長い割には実がないけどいいのだ。
どうせ誰も読んじゃいねえよ!!

もしここまで読んだ人がいたらお金ください。
まんが買う。

次回は血統表の美学でも書こうかな!
でわでわ!!

テーマ: 競馬伝説Live - ジャンル:オンラインゲーム

| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

なにこのハイペースな更新 (*゚∀゚)=3!!
しかも毎回面白い。
戻ってきましたな~おぱる (=∇=)ノ
2011/04/29(金) 13:50:07 | URL | えいくら #1wIl0x2Y[ 編集]
はんせいしたから!
2011/04/29(金) 16:47:56 | URL | つだぬま #.1yOKsJY[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

| ホーム |

わたくしつだぬま

津田沼ぱる子

Author:津田沼ぱる子


競伝大井鯖の底辺で大活躍中だよ。
かれーとちょこぱふぇが好きだよ。

●津田沼ぱる子厩舎
 Lv.16
 主な勝ち鞍:フリーレース
 プチセレブオジョーを偉大な
 先祖にするためがんばるよ。

●地下組織
 こそこそ生きてるよ。

きじだよ

こめんとだよ

かてごりだよ

つきべつだよ

けんさくだよ

りんくだよ

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。