スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

自家製馬ってなあに

競馬伝説Live!! 46S5月2週

kden563.jpg

どうもどうもヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
今日は「自家製馬」について書くんだもんヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ



あいだ開けちゃった(//・_・//)カァ~ッ…

節電やらなにやらあったけどさ、キーボードの不調が最大の原因よ!
いくつかのキーの反応がすごぶる悪くてさ、全然いうこときいてくれなくて。
もうすぐこのぱそなこんも1年になるからさ、それまでには修理出そうと思っているんだけど、いちおうそれまでのあいだ新兵器をいれてみた!

kden562.jpg

ソフトキーボード!!
クリッククリック忙しいけど、キーボードでイライラするよりかずっと良かった!
マウスの代わりにペンタブをいつも使っているのですが、それもちょうどこのソフトキーボードに合ってるぽい。
ちょい時間かかるけど、直るまでこれで乗り切ろう!!


さて本題。


自家製馬ってなんじゃらほい?

前回の記事でおらはいままで9頭の重賞馬がいるって書いたのですが、実はこれ全部自家製馬なんですよヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

まあそりゃそうですよね。
セリで買ったりもらったりしたような馬がそれなりの活躍をする可能性なんて、そうそう高くはないですよね。
活躍してようがいまいが、ほとんどの馬が自家製馬であると思います。

この9頭に共通して言えることとして、9頭とも父親が自家製馬である、いわゆる「自家製種牡馬産駒」ということがあります。
これは別に狙ったわけでなく、たまたまの結果ではありますが、そのため多少強い思い入れがある馬たちだったりします。

おらは自家製にこだわってプレイしているわけですが、それはつまり、思い入れを詰め込むことでありますです。

セリで買ってきた牝馬に公開されている種牡馬をつけても自家製、何代にもわたって自分で繋げてきた血統同士でも自家製。
ただ、それぞれに対する思い入れ、自家製の度合いって大きく違いますよね。

自家製にこだわるものとして、その思い入れも深さ、自家製の度合い、それを可視できる指標なんてものはないだろうか。それが今回の主題であります。



■血統表内の自家製馬数

さて、競伝での血統表は4代血統表が採用されています。
もちろんもっとさかのぼってみることもできますが、まあ1画面で見えるのは4代先祖まで。
たとえばこの見える範囲の血統がすべて自家製馬だったりしたら。
それはもう、とてつもなく思い入れの詰まった馬に見えますよね。うん。

4代血統表に名前が出てくるのは30頭。
そのうち何頭が自家製馬であるか
これは1つ自家製度合いの指標として使えるのではないかと。

問題は、4代しか続いてない血統より、血統表からはみ出しているけど10数代も続いてる血統なんかのほうが自家製度高いんじゃないの?ってこと。

たしかにその通りではあるのですが、やっぱり1画面で見れる4代血統表のインパクトを考えて、4代までに絞ろうかと。
それに、少ない代数で多くの自家製馬の名前を残すことって、限られた枠内で繁殖を進めていかなきゃいけない中ではとても難しいんですよね。
それだけの戦略と試行錯誤を繰り返さなくてはならないという点で、この「血統表内自家製馬数」は指標に向いているのではないかと思うです。

よって、自牧場で自分で生産した馬および、自家製の血統のために導入したという面と他人の手が入っていないという面から、自分で名前をつけて導入したシステム牝馬、この2タイプを「血統表内自家製馬」として、指標の一つにしようかと思います。


例として、うちの数少ないGⅠ馬のカルビチャンの場合、

kden560.jpg

この赤丸がついた馬が自家製馬になり、「血統表内自家製馬数」の指標はとなるです。


■血統表内自家製馬の勝利数

「血統表内自家製馬数」のMAXは30になるわけですが、その30とはいかないまでも、20をこえる高得点、これはなかなか難しいことと思います。
といいながら、実は結構簡単だったりします。

出走させることを考えず、能力なんかも考えず、配合の相性、インブリード、ニックスなども考えず、ただただ血統を重ねていけばいいのです。
牡牝の産み分けさえうまく行けば、5Sですべて自家製にすることができるです。

たとえばそうして生まれた馬が、たまたま突然変異で大きな能力を得て活躍してしまったとき、「自家製度が高い馬で大レースを獲った!」と喜べるかどうか。
たとえ血統表内に自家製馬の名前がいっぱいでもそれは喜べないと思うです。
なぜなら、そこには思い入れが不足しているから。

さきほども書きましたとおり、自家製へのこだわりは、思い入れの深さからきているわけであり、てきとーに流しただけの血統には大きな思い入れは生まれないからであります。

やっぱり苦楽を共に過ごしてきた馬が連なるからこそお美しい血統表になる。
まあ、すべてがすべてそうであるというわけではないですが。

単純な数だけでなく、血統表内1頭1頭の思い入れをはかる指数、それはないかと考えて思いついたのが、その馬の勝利数であります。

たとえば5勝した馬がいるとします。
この馬は最低でも5戦しているわけで、そこにいたるまでには、じっくり調教し、レースに向けてその都度調整し、慎重にレースを選んで、などなどさまざまな苦労があったわけです。
この苦労、そして勝利をあげた喜びこそ、思い入れの核なのではないかと思うのです。

この各馬の勝利数の合計、それを積み重ねた思い入れの数として、指標のひとつとしてみようかと思うです。


例をあげてみれば、カルビチャンの場合、

kden561.jpg

余白の数字が勝利数で、「血統表内勝利数」の指標はになります。



ただこれについては穴も非常に多いです。
例にあげたカルビチャンなんかはGⅠ馬でありながら2勝馬、その父のトウフチャンなんかはGⅠ2着の実績もありながら1勝馬であります。
それなりの強い思い入れがありながらも、指標的にはとても薄い馬になります。
逆に、条件戦のみで5勝6勝なんて馬も大勢いるわけです。
勝ち数こそ少なかったものの、その少ない勝利のために手を尽くした思い入れの非常に深い馬もいるでしょうし、1勝の重みはそれぞれまったく違ってきますよね。

また、世の中には、1頭で20勝も30勝もする馬もいたりします。
血統的には浅めの、思い入れもそう大きくない血統であっても、そんな馬が1頭いるだけで指標が大きく跳ね上がったりしてしまいます。


そんな穴だらけの指標ですが、とりあえず問題が出るまでは深く考えずやってみようかなと思います(@Д@;A アセアセ
後者にたいしては、「10勝以上は全部10とする」ブラックジャックルールとかいろいろ考えられますが、そのルールを適用できる可能性も今のおらではかなーり薄いし(≧∇≦)ブハハハ!
とりあえず運用してみる! そしてあとはあとで考える!
それがーいちばんだいじー。うむ。


■自家製度

以上、2つの項目を利用しまして、「自家製度」の指標を設定してみます。


 「自家製度」 = (「血統表内自家製馬数」 ¥ 「血統表内勝利数」)

こんな感じ!!

つまり、カルビチャンは、

 (3¥4)

となります!!
ちなみに、間のマークを「¥」にしたのは、お金が大好きだから!!

というわけで、これからこのブログ内では、この自家製度を使いながら話を進めていこうかなと思います。
よろぴく。



■さいごに

今回、この自家製度を設定したのは、ブログ再開にあたって、できるだけコアに、ドロッドロな自己満足系のブログにしたかったからであります。
一方的に自分の理想だけをだらだら垂れ流し、都合の悪い意見は「わたしきこえませーん」するみたいなw
それっぽいこ難しそうな指標とか使ってればそれがしやすいんじゃないかと。・+.(@▽@).+・。

ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

我が道の正義なんかをズバズバ垂れ流しつつ、たんに見かけた不満、鬱憤を晴らしていこうと!
叩かれると弱いから、うまーく棘のないようにあたりさわりなくいきそうだけど。
ずるいつだぬま(*ノェノ)


まあそのへんはおいといて・・・

今回の指標、ここまで細かくは設定していなかったものの、実は昔から密かに目標としてたところであるのです。
ほら、昔、ルドルフとラモーヌの子供で「10冠ベイビー」ってあったじゃないですかあ?
それみたいに、「この血統、うちの厩舎に100勝を貢献してる血統なんだぜ。ぐへへ。」なんて言えたらかっちょいいなと思ってまして。

だから、最終的な大大大目標は、「100勝ベイビー」だったりします。
で、血統表内で100勝達成しようと思ったら、そうとうな頭数が血統表内にいる必要があるなあと。
1頭5勝してても20頭必要なわけですし。

そんなわけで、今回の2項目が生まれたであります。

自家製度指標でいうなら、大目標が(20¥100)
現実的な目先の目標と考えると、(15¥45)。こんなところかなあ?

どうでもいいけど、やっぱ¥が真ん中に入ってると見た目お美しくないよねえ。
でもお金大好きだからなあ・・・・
(20チョコバナナパフェ100)
これよりはましかな? そう思おう。



さてさて、本当はこの指標を踏まえた上で、つだぬま厩舎の現状を見ていこうと思ったのですが、ちょっと長くなったのでここで1回切ろうかと思います!
そのへんの話と、プチセレ系の自家製度現状、さらに将来の展望などを次回書こうかと思います。

案外ソフトキーボードが使えることがわかったし、修理までなんとかがんばれそう!
なはず!

そなわけで!またね!

テーマ: 競馬伝説Live - ジャンル:オンラインゲーム

| trackback:1 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

マイヤリンク事件はたちまち、世界中の注目を集める大スキャンダルとなった。自殺説も千差万別で、前途に希望を失った二人が自殺で禁じられた恋の清算を図ったのだというものから、...
2013/08/23(金) 21:12:44 | 投資一族のブログ
| ホーム |

わたくしつだぬま

津田沼ぱる子

Author:津田沼ぱる子


競伝大井鯖の底辺で大活躍中だよ。
かれーとちょこぱふぇが好きだよ。

●津田沼ぱる子厩舎
 Lv.16
 主な勝ち鞍:フリーレース
 プチセレブオジョーを偉大な
 先祖にするためがんばるよ。

●地下組織
 こそこそ生きてるよ。

きじだよ

こめんとだよ

かてごりだよ

つきべつだよ

けんさくだよ

りんくだよ

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。