スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

新時代とりにく。

競馬伝説Live! 大井鯖 42S開幕。

kden535.jpg


気がつけば新しいシーズンになってる!
まあ、びっくり!



どうもどうも。つだぬまっていいます。
おはこんにちこんばんわ!

気がついたら長いことブログ書いてなかったよ。
ふしぎだね!

内なる闘志は変わらず持ち続けておりますので、ぼちぼちがんばるよ!


ってことで、間も開いたし、シーズンも変わったし、41Sの総括を踏まえた近況を。



■新エース誕生!

さてさて、以前の記事を読み返してみますと、近況的なものはマジックマッシュちゃんの引退までですかね。
感しい出来事でした。
でもでも、悲しんでばかりはいられぬよ。
前へ前へと進んでいくんだよ。・+.(@▽@).+・。


そんなわけで、5月から新エースに任命いたしましたのが、プチセレブコマチちゃん。
シーズン初めにピーク入りした4歳の男の子!

kden536.jpg

この子の最大の期待は、どちらかといえば繁殖!
プチセレブの冠を継いでいることからわかるとおり、待ちに待ったプチセレ系の後継馬なのであります!
別に、冠をつなげようと思っていたわけではないのだけど、結果的に1頭しかパッとした馬がいなかったので、わかりやすいように名前を継いじゃえ!と。
この先、べつに名前をつなげる気はあんまなかったりします。

そんなわけで、時期が来たら繁殖に上がって、それなりにがんばってくれればそれでよかったのだけど、なんだかけっこう良いタイムで走れる様子。
それならば、マジックマッシュちゃんなきあとの厩舎の牽引役としてがんばってもらおうと!

ぶっちゃけ、ここ数Sの生産大失敗のあおりで、この子を除いたらもうあとは重賞出走すら夢の夢に思える面子。
なんとか次の期待馬が出るまで、がんばってもらわないと(≧∇≦)ブハハハ!



そんなプチコマちゃん。
5月1週の重賞を調整ミスで回避しましたが、くやしくて無理矢理出した1600万下を無事勝利。
デビュー4連勝となったところで、いざ重賞へ!!

と思ったのですが、ここでなんともありがたい個性変化が!
どうせ夏場は目標にするような大きなレースが適距離にありませんし、アビはたくさんあればとてもうれしいので、1山アビ取得のための併せ漬けをして、夏の終わり頃から活動しようかなと!
うひょう!ナイス名案!

そんなわけで1山越えて、いざ出陣のための2山目!
夏を超えているのでクラス降格があり、もういちど1600万下を走れるこの万全さ!
うひょう!ナイス作戦!

そしてそこでピークアウト。
ほうほほう。

なんてこったい(´・ω・`)

当初描いていたのは、マジックマッシュ、プチセレブコマチ共に6歳いっぱいまでは元気いっぱい。
つまり、向こう2、3Sは重賞をにぎわすことができるだろうと。
それが、マジックマッシュちゃんで1S半、プチコマちゃんで2S半も予定が狂うことに(´・ω・`)

これからってときなのに・・・・(|||´_ゝ`)ヌーン



悲しみに暮れながら、エース在任期間3ヶ月のプチコマちゃんを引退・・・・しようと思ったのですが!
最後にいちかばちか重賞出してみちゃえと思ったのです。

もともと、調子上がってみてタイムがよかったら重賞、いまいちだったら1600万下と思っていたため、直近に重賞があったことと、前日の測定で予想勝ちタイムが出ないわけではないことに気づいたことが最大の要因であります。
さらに、併せ漬けで1山越したため、テッポウ補正を持っていたのですよね。
テッポウ補正がいい方に出れば、十分勝ち負け可能なタイムになると思ったし、悪い方に出てもそれはそれでしょうがないと思えるし。

そんなわけでクラスターCに特攻よ。・+.(@▽@).+・。

kden538.jpg

いい方にデタ━━━(@∀@)━━━ァッ!!!

前日の測定タイムは1.23.2~1.23.6。
きっとテッポウ補正のおかげだと思います!

ちなみにピーク時は1.22.9~1.23.2。
楽しみな子だったのに(゚ーÅ) ホロリ

このレース、すんごいレベル高かったと思います。
2着馬と4着馬がこの後BCスプリントをワンツー。
3着馬はこの後JBCSとJCDを連勝。
6着馬がこの後東京盃、クイーン賞を連勝。
秋のダート路線の主役たちがこぞってそろったレースだけに切ないであります(゚ーÅ) ホロリ



そんなわけで、有終の美を飾り、引退。
5戦5勝と、底を見せていないところで去るのは寂しい限りであります。

古馬デビューでピーク期間が8ヶ月じゃねえ(´・ω・`)
よっぽどパラが良くて、デビュー前から圧倒的なタイムを持っている子なら、早めに重賞へ向かうように調整していくけど、まさかこんな早いとどうにもならないっすよね(@Д@;A アセアセ
年明けデビューで春のGⅠってのもなかなか難しいし、せめて秋のGⅠまで持ちこたえて欲しかったよ(´・ω・`)

引退後はこんな感じ。

kden537.jpg

やや早に化けちゃったのね(´・ω・)
それにしても早過ぎるけど。

プチコマちゃんのパラや血統についてや今後の繁殖についてはまた別の機会に書く事にしよう!



さて、このプチコマちゃんの重賞勝利が、つだぬま厩舎のシーズン25勝目でした。
そしてここからつだぬま厩舎の暗黒時代が始まります。

とにかく勝てない。
このクラスならなんとか と思っても、2着3着。
悪い連鎖は続いて、着外も量産。
結局1週間ちょいでしょうか、まったく勝てない日が続いたとさ。
今Sはこのまま25勝で終わるのかなと思った日もありました。


連敗が止まったのが9月の5週。
1個負けましたが、2つ勝つことができました。
そしたら反動というかなんというか、この日の2勝を含めまして、12月の5週に記念出走で大敗するまで、破竹の18連勝'`ァ'`ァ'`ァ(;´Д`)'`ァ'`ァ'`ァ

かくへんキタ━━━(@∀@)━━━ァッ!!!

最終的に

kden539.jpg

過去最多だった39Sに並ぶ43勝をあげることができましたヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ


まあ、
強い馬がいなくなる→大きなレースに出れなくなる→せめてなんとか拾えるレースを拾って・・・→勝ち星が増える
って流れではあるのですけど(*´ェ`)ネー

薄いところ数勝つより、やっぱり内容が濃い方がいいんだけど(*´ェ`)ネー
でも、どうにもならないよりいいか!
中には、なんでこんなタイムでちゃうの!?ってレースもあったし。
今後もそんなタイム出せるなら、新しいシーズンにも期待できるってもんさ!



そんなこんなな第41Sでありました。

大きな別れが続いたこと、残された戦力があまりにさびしかったこと、悲しいことが多いシーズンでした。
しかし、逆に言えば、プチコマちゃんが引退したおかげで、新シーズンよりやっとプチセレ系が1歩進んだ形で動けます。
きっと、時代が終わったのではなく、新時代が始まったに違いないよ!

大きな希望を持って進んでいこうぜ。・+.(@▽@).+・。



今日はこんなところでいいや。
いっぱい自慢した気がするし!いえーい!

また書くよ!近いうちに!
42Sも、みなさまよろしくおねがいいたしまっする!
ではおしまい!

ばーいばーい。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

| ホーム |

わたくしつだぬま

津田沼ぱる子

Author:津田沼ぱる子


競伝大井鯖の底辺で大活躍中だよ。
かれーとちょこぱふぇが好きだよ。

●津田沼ぱる子厩舎
 Lv.16
 主な勝ち鞍:フリーレース
 プチセレブオジョーを偉大な
 先祖にするためがんばるよ。

●地下組織
 こそこそ生きてるよ。

きじだよ

こめんとだよ

かてごりだよ

つきべつだよ

けんさくだよ

りんくだよ

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。